浮気調査で頼りになる探偵

パートナーの浮気というのは受け入れがたい裏切り行為です。
しかし、不倫を疑うべき行動に出くわす事もあるでしょう。
携帯電話にロックをかけるようになった。
残業や休日出勤と行って家にいない事が増えた。
会社の経費の前払いと行ってお金を使っている。
などといった事は不倫を考えさせます。
疑ってばかりでは始まらないので、ある程度確信できるところまで自分で探ってみるといいでしょう。もしかしたら勘違いかもしれませんし、不倫の証拠がでてくるかもしれません。
不倫といっても連絡を取り合っているくらいでは何の問題にも出来ません。
慰謝料を取ろうと考えているなら不貞行為が認められる必要があります。
これは簡単に言えば、肉体関係にあるという事です。
この事を証明するのはとても難しいですが、ホテルに二人で入っていく姿などを写真に捉える事が出来れば、ほぼ間違いない証拠になります。
しかしなかなかそんな調査をする事は出来ませんよね。
おそらく個人で調査しても得られる情報は状況証拠にすぎないでしょう。
携帯のメールであったりとか普段使っている車から女性の痕跡がでてきたりとか。
そこで頼りになるのが探偵事務所です。
探偵は浮気調査を行ってくれますし、経験を生かしてしっかりとした証拠を集めてくれます。
探偵は浮気調査するための機材やノウハウを持っているので、個人で調査するより確実に、多くの証拠をとって来れるでしょう。
そういった証拠は素人にもわかりやすい形で提供されます。
探偵へ依頼するのは費用がかかるから嫌だと考える人もいるかもしれませんが、慰謝料の請求を考えているならそれで元を取ればいいのです。
探偵は個人で調査するよりもより良い証拠を手に入れる可能性が高いですし、その証拠は慰謝料請求のときに非常に役に立つでしょう。
ある程度不倫が確信でき、その後の自分について考えたら、探偵に調査を依頼した方が楽に物事が運ぶかもしれません。

タクシーを使った尾行

サスペンスでも対象者がタクシーに乗った乗ったときに、同じように直ぐにタクシーを拾ってあとを尾行してきますが、あんなに上手くタクシーが捉まるの?疑問に思いますね?
調査対象者がタクシーに乗ったときは、探偵も同じようにタクシーを利用して尾行追跡することになります。
実は、調査対象者がタクシーに乗ったとしても、都心であればよほどのことがない限り、意外と直ぐにタクシーは見つかるようですね。
それに、対象者の乗ったタクシーが、先に走っていて少しぐらい空けられたとしても、都心だと信号が多いので助かる場合があります。また渋滞も助けになります。
原則として見失うことがあった場合は、対象車両を見つけるまではひたすら「直進」することです。
これは経験者もいうことで、変に右折や左折と憶測して曲がってしまうと、必ずといってよいほど失敗をする可能性も高くなると言われています。
また、追いつくことができなかったときも、対象者が向かうであろう場所まで取りあえず行ってみることです。大切なことなので、しっかり覚えておきましょう。
タクシー尾行時での注意する点は、対象者が駅前などにある「タクシー乗り場」からタク行をします。
そして、大切なことは対象者が乗り込んでいる車両ナンバーとタクシー会社の名前は、しっかりとミスをしないように覚えておかなくてはいけません。尾行などでは、重要なことです。
特に経験者や、現場慣れしている探偵では、既に対象者のちょっとした動きでタクシーを拾おうとしているかの雰囲気を前もって分かるので、対象者がタクシーを拾う前に察知して直ぐに尾行に向けて控えることができます。

【Seepa】clear style綜合探偵事務所/浮気調査/所在調査
【Seepa】clear style綜合探偵事務所
2012--2016 (C) 不倫調査なら探偵に依頼 All Rights Reserved.